新着情報

キッズクラブ☆
 12月2日(木)は、せごどんしゅうせいキッズクラブがありました。この日は、「お花体験」をしました。初めてお花を活ける子どももいましたが、先生の説明をきちんと聞きながら、上手に活けることができていました♪ 子どもたちの中には、モールでリボンやハートを作ってお花に飾り、アレンジをする子もいました(*^^*)素敵なお花が完成して、とても嬉しそうな子どもたちの姿が見られました♪
photo photo photo
2021.12.02
2学期の預かり保育④
 今、毎日発表会の練習を頑張っていますo(^^)o
 園庭で遊べなかった日は、ちょっと体力が有り余っている様子です(^_^;)

 そんな時は、室内でも落ち着いて過ごせるよう、かるた遊びをしたり、みんなが大好きなキャラクターの手作りパズルをしたり恐竜やぬいぐるみを使ってごっこ遊びを楽しんでいます♪
photo photo photo
2021.11.27
キッズクラブ☆
11月18日(木)は、せごどんしゅうせいキッズクラブがありました♪今日は、加治屋まちの杜公園に出掛けました。年長さんと年中さんがペアになり、手を繋いで歩いて行きました♪年長さんが、年中さんが危なくないように、手を引っ張る姿は、とても頼もしかったです♪
 加治屋まちの杜公園につくと、「せごどん鬼ごっこ」をしました。みんな鬼に捕まらないように、全力で逃げていました(*^^*)その後は、公園にある大きな遊具で遊びました♪
次回は、12月2日(木)です♪この日は、お花体験をします❀
楽しみにしていてくださいね(^^♪
photo photo photo
2021.11.18
さくらんぼクラブ
11月17日(水)は、さくらんぼクラブがありました♪この日は、どんぐりマラカスづくりをしました!園庭に出ると、たくさんのどんぐりが落ちていました。子どもたちは、どんぐりを見つけると、とっても嬉しそうにどんぐりを拾う姿が見られました。
その後、拾ったどんぐりを使って、どんぐりマラカスをつくりました♪シールを使って、可愛いマラカスが完成しました!マラカスを振ってみると、とっても素敵な音が鳴り、子どもたちは、とても喜んでいました(*^^*)
最後に、作ったどんぐりマラカスを使って、演奏会をしました♪
とってもたのしい時間になりました♪

次回は、12月8日(水)です。楽しみにしていてください♪
photo photo photo
2021.11.18
旅する蝶

旅する蝶と呼ばれているアサギマダラを我が家の庭に呼びたくて、春先に2本のフジバカマを植えました。夏の日差しを浴びて、順調に生長したフジバカマに10月初旬白い花が付き始めました。花茎が伸びて1メートルぐらいになり、満開となった10月下旬、1頭のアサギマダラが花の蜜を吸っているのを発見しました。次の日も1頭飛来し、数日後には2頭になっていました。あの狭い空間に咲く花を見つけてやってくるだろうかと半信半疑でした。しかし、彼らはやってきてくれました。嬉しさと不思議さが同時にこみあげてきました。どうしてフジバカマを見つけることができたのだろうか。偶然とは思えませんでした。

この蝶は秋になると日本列島を南下し、南西諸島や台湾あたりまで渡っていく生態があります。1日に200キロも飛んだという記録もあります。飛ぶといってもフワフワと風に乗って流れていくような感じが実態のようです。フジバカマに吸い付けられる理由としては、フジバカマが発する匂いが関係しているようです。実際に嗅いでみると少し腐ったような香りがします。この物質は、ピロリジジンアルカイドで、アサギマダラの雄は、これを摂取しないと交尾行動をしないと言われています。また、この蝶は暑さ寒さに弱く、快適気温を求めて移動しているようです。10月ごろの気候を好んで、気温が上昇し20℃ぐらいになると花によってくるようです。健康の森公園でも毎年見ることができます。ここでは群れて蜜を吸う姿をみることができます。

 さて、2021年の旅も終わりが近づいています。今年は昨年以上に新型コロナウイルスの影響を受け、感染防止対策に追われた一年だったと思います。教育活動への影響も大きく、貴重な体験の機会を縮小して実施する結果となりました。10月に入って感染者の激減によって通常の活動に近い状況となり、園外活動も行うことができるようになりました。また、コロナ禍の中で、子どもたちにも行動の変容が見られ、これまで以上に身の回りの衛生に気配りをするようになりました。今のこの状況が続くといいのですが、第6波への警戒は必要となります。引き続き感染予防に努めながら教育活動の充実を図りたいと考えています。

 今年も保護者の皆様には、本園の教育活動へのご理解とご支援をいただき、感謝を申し上げます。新型コロナウイルス感染防止対策にも十分な協力をいただきました。お陰様で感染者が発生することなく今年が終わろうとしています。新しい2022年は、一段と感染状況が収束し、安心できる日常生活が戻り、子どもたちが伸び伸びと遊べる環境を準備できることを願っています。

2021.11.18
園庭開放日追加のお知らせ

12月10日()に園庭開放を行います!

10時~11時30分までとなります。

ぜひ、遊びに来てください(*’ω’*)

2021.11.16
いちごクラブ

今日は、いちごクラブで管理栄養士の田中 辰子先生による「乳幼児の食事づくりについて」お話をいただきました(*’ω’*)

離乳食についてや、食事の偏りが出やすい時期の食事の進め方、食事のバランスなど各ご家庭のお悩みにもアドバイスをいただき、とても参考になりました☆彡

 

お話の前後で絵本を読みました。子どもたちは、大好きな絵本をみて、ニコニコ笑顔を見せてくれ、とても可愛らしかったです♪

 

次回は、12月7日()です。

ハッピータイム 篠原 恵子先生による「ベビーマッサージ・スキンケアや子育てについてのお悩み相談会」となります。

photo
2021.11.16
山坂達者☆城山登山
 年長・年中・年少組は、山坂達者城山登山に出掛けました。
 心配していた天気も、前日に願いを込めて作ったてるてる坊主のおかげで、出発前には日が差し、登山日和となりました☆


 登山前の出発式では、登山をすることの由来について知りました。「心も体を強くなって、かっこいいお友だちになるぞ!」と、子どもたちも気合いが入ったようでした(^O^)
 紅葉した葉っぱを見つけたり、どんぐりを拾ったりと、展望台まで楽しく歩くことができました!!



 幼稚園に帰ると、おうちの方が作ってくださった山坂達者おにぎりを食べました。沢山歩いて頑張りましたので、いつもより何倍も美味しく感じたようです♪


 西郷さんのように、つよく、かしこく、たくましい子に育ってほしいと思います。
photo photo photo
2021.11.12
自己決定力を育てる

尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏が、あるテレビ番組で興味深い話をしていました。概ね次のような内容でした。尾木氏が子どもの頃の母親の思い出話で、私たちが子どもを育てる上で大変参考になるようなる体験談でした。尾木少年が学校から家に帰ると、母親が「直樹、今日の予定は?」と毎日尋ねたというのです。少年は困ってしまいます。今日は友達と遊ぶ約束をしていたのかもしれません。遊びに行くんだと言ったらどうなるのだろう。宿題もあったなあ。思案の挙句少年は「宿題を済ませてから友達と遊びに行くよ。」と、答えたそうです。すると母親は、「あっ、そう。」とにっこり微笑んだというのです。自分で予定を立てた少年は、母親の期待を裏切ることはなかったようです。

このことは何を意味するのでしょう。子どものころから自分で判断し、行動する「自己決定」の体験が大切だということだと思います。自己決定で宿題のルーティンを確立した尾木少年は、その後教育界やマスコミで活躍する有名人になっています。

ところで、自己決定の芽生えはいつごろからでしょう。2歳児になると幼児が「自分でする」と言い始めます。今までは親がすべてをかまってくれて、依存率100%だった子どもが、自分でもできることがあるようだと気づく年齢が2歳ごろのようです。まだ動作がぎこちなく時間もかかるので、つい親がやってあげようとすると「自分でする」と訴えたことを経験している保護者の方もいると思います。この時期から自立した大人に成長させていく家庭教育が始まっているのです。つまり、自己決定と自己責任です。自分で決めて行動し、その結果に責任を持ち、失敗の原因を他のせいにしない大人に成長して欲しいと、私たちは願っています。その自己決定力を育むための魔法の言葉をご存じでしょうか。それは「なぜ」、「どうして」の問いだと言われています。子どもの言ったこと、したことに「なぜそう思うの」、「どうしてそのようなことをしたの」と、問いかける。「なぜ」は疑問の喚起であり、「どうして」は結果の考察です。日常生活の中で、このような言葉のキャッチボールを続けていくと、考える力が付いて自分で判断できる子に育っていくと考えます。そして、これらの過程の累積で、自分で決める力に発展し、自ら行動しようとする主体性が育っていくと思います。

二年ぶりに日本人ノーベル賞の受賞者が出て、久しぶりの明るいニュースに日本中が元気をもらったようです。物理学賞真鍋淑郎先生の受賞会見で強調していたことは、これまでの受賞者と同じく「好奇心」でした。学びの源泉は興味関心、意欲態度で、非認知能力と呼ばれています。幼稚園教育では中核をなすものです。豊かな体験の中に非認知能力は育っていくものと考えます。コロナ禍で園外保育が、制限された時期がありました。10月以降様々な体験活動が可能となりました。澄み切った秋空の下、楽しい自然体験活動を通して、子どもたちの興味関心を引き出したいと考えています。

2021.11.12
せごどんしゅうせいキッズクラブ☆
 今日は、鹿児島に関するかるた遊びをして楽しく過ごしました♪2人1組のペアを組み、友だちと協力する姿が見られました。(*^^*)
みんな1枚はかるたを取ることができていました。
優勝したペアは、メダルを貰い、とっても嬉しそうでした♪
今日したカルタを通して、鹿児島について知ることができたと思います(^^♪
 次回のせごどんしゅうせいキッズクラブは、11月18日(木)です。楽しい活動を考えていますので、楽しみにしていてくださいね!!
photo photo photo
2021.11.11