集成幼稚園❘鹿児島県鹿児島市

新着情報

"せごどん”しゅうせいキッズクラブ~維新ふるさと館~
夏休みに入って2回目のせごどんしゅうせいキッズクラブ♪

本日、せごどんのかっこいいTシャツをきて出掛けたのは”維新ふるさと館”!!

西郷さんと相撲をとったり、西郷さんや大久保さんが着ていた軍人服を着たり、西郷さんと背比べをしたり・・とっても楽しそうな子ども達でした(*^^)

普段和室で取り組んでいる”いろはうた”にも触れることができ、「このうたこの間ぬりえしたよね!いにしえの~・・・」と口ずさむ子ども達の姿もありました♪

幼稚園でする活動も楽しいですが、やはり皆でお出かけするのは更に楽しいみたいですね(^^)/

暑い中汗をかきながらも、道行く人に元気いっぱい挨拶をする子ども達からはとてもたくましさを感じることでした☆

次回のせごどんキッズクラブもお楽しみに♪
photo photo photo
2018.08.08
”せごどん”しゅうせいキッズクラブ~大河ドラマ館~
7回目のせごどんしゅうせいキッズクラブは
『西郷どん 大河ドラマ館』に
出掛けました(*^^)v
「どんなところかな~?」
「せごどんいるかな~??」と
朝からとてもわくわくした様子の

子どもたち  

         
団員の中には、
『西郷どん』のドラマを
見ている子どもたちもいて、
今回のドラマ館の見学を
とても楽しみにしていました
ドラマ館では、
西郷どんのクイズをしたり
展示物を見たりして
とても興味津々な様子で
楽しんていました(o)
ますますせごどん
好きになったことだと思います
次回の維新ふるさと館の見学も
子どもたちと楽しみたいと思います
photo photo photo

2018.08.03
お泊まり保育

7月26~27日にかけて、年長ゆり組はお泊まり保育がありました!

「ちょっと心配だな~」「ドキドキする!」と言っていた子どもたちも、今日の朝には「すっごく楽しみにしてたよ☆」「早く遊びたい!」と、ハイテンションでした(O)

 

グリーンファームでは“ピザ作り体験”や“野菜収穫体験”“アスレチック遊び”など、内容も盛り沢山でした!特に“ピザ作り体験”では生地からトッピングまで全て子どもたちが行い、釜戸で焼いてお昼ご飯となりましたが、自分たちで作ったピザは特別で、とても喜んで食べていました❤

“アスレチック遊び”では、普段なかなか遊ぶことができない遊具が沢山あり、暑さを忘れて、みんな元気に走りまわっていました!遊び方のコツを覚えると、いとも簡単に遊具を使いこなし、「先生見てて!!」と、自慢げに見せてくれて、子どもたちのたくましさを感じました(*^ω^*)+

 

幼稚園に戻ってきてからは、すいか割りや花火、おばけスタンプラリーなど、夏休みならではの遊びも沢山しましたよ♪おばけスタンプラリーでは怖くて涙を流す子たちもいましたが、グループの友だちと協力して、無事、全員が朝食券をゲットすることができました!!

 

2日目のスライム遊びも、材料をグループで調節し、触感や匂いを感じながら、とても楽しく活動できました!

解散式では1人1言ずつ思い出発表をし、園長先生にメダルをかけてもらった子どもたち。昨日よりもなんだか、たくましくなったような気がしました☺今回のお泊まり保育の経験を通して、色々なことにももっと挑戦していけたらと思います!!

ゆり組のみんな、本当によく頑張りました\(^o^)
photo photo photo

2018.07.2
第7回 さくらんぼクラブ

今日は第7回目のさくらんぼクラブが

ありました(^v^)

今回は8組のお友だちが参加してくれて

とても賑やかでしたよ♪

 

今回は“集成夏祭り”ということで

先生達の出店を回って楽しみました☆彡

“手形アート”・“カメすくい”

“的あて”・“お面作り”の4つのお店で遊び、

最後にはみんなでスイカを食べました(^u^)

たくさんお替わりをしてくれたお友だちもいて

大満足な1日になったのではないかと思います☺

 

次回は8月22日()、23日(木)に

幼稚園バスに乗って、川路ぶどう農園で

ぶどう狩りをします!!

めったにない機会なので、たくさんの方に

参加してもらえればと思います(^^)

詳しい日程は、集成幼稚園までお問い合わせ

ください!たくさんのご参加をお待ちしています♡
photo photo photo

2018.07.2
第6回 いちごクラブ
今日は第6回目のいちごクラブでした。

3連休明けだったので体調不良の子もいて少し寂しい、いちごクラブでしたが今回もとても楽しい時間を過ごすことができましたよ!

今回は講師の篠原恵子先生をお呼びして“お茶べり会”ということでママ達といろいろな話をしました(^^)

少ない人数だったからからこそ一人ひとりがたくさん話をすることができ、また恵子先生がお母様方からたくさん話を引き出し和気あいあいと美味しいお菓子を食べながら話をすることができました☆

予定では1時間半のお茶べり会でしたが、気づけば時間は12時!
2時間近く話をしていましたがまだまだ話したりない感じでした!!

なかなか話をする機会や、子育ての先輩の話などを聞く機会もあまりないので今回のいちごクラブの時間はママ達にとってとても充実した時間になったと思います♡

次回は9月11日(火)です。
敬老の日に向けてプレゼント作りをします!
少し間が空きますが成長した子どもたちに会えるのを楽しみにしています♡
photo photo photo
2018.07.17
ボディーペインティング
今日もとても暑い1日でしたね。

集成幼稚園の子どもたちは今日は楽しみにしていたボディーペインティングの日!

汚れてもいい服に着替えて朝から準備万端でした☆

今日は4つのコーナーがあり・・・

絵の具でお化粧コーナー
ジュース屋さんコーナー
障子紙で染め物コーナー
大きな紙にお絵かきコーナー

それぞれ子どもたちは好きなところで思う存分遊びました(^^)

もちろん体全体にも絵の具を塗り、先生たちと追いかけっこをしても遊びました♪

夏の遊びを1日満喫した子どもたち。
あと一週間で夏休みになりますので残りの日々も子どもたちとたくさん汗をかきながら遊びたいと思います♡
photo photo photo
2018.07.13
6・7月誕生会

今日は6・7月生まれのお友だちの

お誕生会でした(*^_^*)

 

9人のお友だちがかんむりをかぶって

ドキドキしながら入場しました◇*

 

“動物園の飼育員”“新種の動物を発見したい!”

“アイスクリーム屋さん”“ドクターイエロー”など

子どもたちは沢山の夢を堂々と発表してくれました♪

 

大好きなお母さん、お父さんからのメッセージも

もらって、少し照れながらも嬉しそうな

子どもたちでした(●^o^●)

 

先生たちからの出し物は子ども達からも大人気な

マジックショー!!

みんなで「チチンプイプイのプーイ!☆」と、

元気いっぱい魔法をかけて、色々なマジックに

大盛り上がりで素敵な誕生会になりました(≧ω≦)

 

9名のお友だち、素敵な夢に向かって

一生懸命頑張ってくださいね!

お誕生日おめでとうございます\(^^)/☆彡
photo photo photo

2018.07.12
園外保育「市立科学館」

今月の園外保育は“市立科学館”に

出掛けました(^^)

二日間に分かれ、5日に年長・年少々、

6日に年中・年少で行き、ペアの友だちと

楽しく遊ぶことができました☆

 

科学館では、実験を見たり、宇宙劇場で

ティラノサウルス ~最強恐竜 進化の謎~ を

見たりして、科学館ならではの遊びを

楽しむことができました(^^

中にはペアの子と手を繋ぎ、「次はどれで遊ぶ?」と

優しく手を引くお兄さん・お姉さんの姿も

見られましたよ❤さすがですね◇*

 

お母さんが作った美味しいお弁当も

残さずきれいに食べて、「美味しかった~!」と

大満足した様子でした☆

 

お土産に恐竜の消しゴムをもらい、

子どもたちはとても嬉しそうでした☺

 

子どもたちはもうすぐ夏休みです☀

1学期の思い出をまだまだたくさん

作りたいと思います(*^_^*)

2018.07.07
保育の質を高める
 保育の質と何か。これは子どもたちに良質な保育を提供し子どもたちの可能性を最大限に伸ばす働きを表現していると考えます。質と対比的に使われる量という言葉があります。保育施設等の不足を解消するためにこども園、保育所を増設して待機児童を解消しようとする動きは量的な拡大だと考えます。
 幼児教育は量より質をいかに担保し、子どもたちの主体性や創造性を育むための遊びを中心とした保育を計画し実践することにあると思います。
 それでは遊びとは何か。幼稚園での遊びは教師の意図(願い)を基に子どもたちが能動的に仲間と遊びながら様々な体験をとおして成長していく過程と考えます。遊びの環境を整え子どもたちの興味関心を引き出すための工夫は教師の大事な働きになります。
 先日7月2日、本園では年中さくら組で研究保育が行われ園庭に準備された各種の花を使って色水遊びを夢中になって取り組んでいました。自ら花をすりつぶし工夫しながら色水づくりに挑戦していました。困ったときにも「自分でやってみよう」と教師に頼らずいろいろ試している姿に子どもたちの主体性が育ってきていると感じました。
 本園では毎年このような保育研究会を3回行い指導方法の研修を全教員で深めています。
photo photo photo
2018.07.04
海の日から見える明治という時代

 716日は「海の日」です。昭和16年海の記念日として720日に制定されたことに由来します。ハッピーマンデー制度で7月第三月曜日に充てることになり三連休として国民が休暇を楽しみ消費拡大を合わせて期待しているようです。祝日の意義を大切にする人たちは20日に固定してその意味をしっかりと後世に伝えるべきだと主張しています。一方休暇と消費の経済的現実から今の方法を支持する人たちも多く、どっちにするかしのぎ合いもあるようです。

 ところで720日の海の記念日は明治丸に乗った明治天皇が明治9年奥羽・北海道巡幸の際青森から乗船720日に横浜に帰港した記念とされています。この明治丸は明治政府がイギリスの造船所に依頼し明治7年に竣工、翌8年に横浜港に回航されました。

 実はこの明治丸は偉大な功績をあげた船で、明治8年列強に領有をねらわれた小笠原諸島に日本の調査団を乗せ、横浜港から1121日急行、新造船で船足が速く同24日到着しています。英国軍艦「カーリュー」より2日早く父島に到着して日本領土確定に繋がったと言います。その後沖ノ鳥島、南鳥島の領有を含め世界6位となる447万㎢の排他的経済水域を持つ国となっています。このことによって広大な領海が確定し領土防衛に貢献していることになります。

明治維新から8年、課題山積の明治政府は様々な対応に追われ国家の基礎作りに邁進していたころに情報をいち早くキャッチして行動に移していることに感心させられます。 現在国民の祝日は15日ありますがこの「海の日は」歴史的に重要で後世に語り継ぐ価値の高いものと考えます。「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う日」だけでは近代国家の基礎を築いた明治初期の人々の苦難に思いをはせ、感謝する心は伝わらないのではないかと明治維新から150年目に思うことです。

 

2018.06.29